彼女を失いたくないなら真性包茎の手術を受けよう

Posted by admin— Posted in 包茎治療をするかどうか迷っているなら

包茎というのは、亀頭部分を覆っている皮の部分を、ある一定の年齢以降にあってペニスが勃起した状態になったとしても、包皮がめくれない状態を言います。
日本人の大半は仮性包茎と言い、勃起していない状態の時には亀頭部分を半分程度、包皮が覆い隠していて、性的な刺激を受けてペニスが完全に勃起すると、亀頭部分を覆っている皮を押しのけて、亀頭部分が完全に顔を出すのが健康的な状態です。
しかし、なんらかの問題で、勃起しても亀頭部分が顔を出さない場合には、真性包茎の問題が考えられます。
私は、高校生3年生の頃に初めて彼女が出来た時に、彼女の両親が旅行で出かけていて、彼女以外の誰もいない夏休みのある週末に、彼女の家に泊りにいく約束をしました。
もちろん、目的は彼女と肉体的にも精神的にも、結ばれる為です。
約束の日の1ヶ月位前に、あるインターネットのサイトで、私は真性包茎である事に気付きました。
真性包茎だと、身体の何れの部位でも同じ様に、亀頭冠と包皮の間に恥垢という一種の垢が溜まり不潔な状態になりがちである事を知り、愕然としました。
更に、真性包茎だと、性行為を行う際にも、真性包茎のままヴァギナに挿入して、ピストン運動等をすると、包皮に無理な力が働き破れてしまう可能性があるという事を知り、茫然自失となりました。
それなら、いったいどうしたら良いのかとインターネットを利用して調べた所、包茎治療や包茎手術をする専門医がある事がわかりました。
お金が掛かってしまうのは嫌でしたが、彼女に嫌われることの方がもっと嫌です。
もしかすると、一生後悔するのではないかという不安がよぎり、まずはWEBサイトに掲載されている電話をしてみました。
明日が偶然にも手術室の空きがあるので、如何でしょうかと言われ、即時OKしました。
手術前にはクリニックの医師とのカウンセリングがあり、その後に手術という形になります。
2時間程度で終わると聞き、早速手術を受けました。
手術というものを一回もした事が無かったので、恐怖心がありましたが、ペニスに冷却麻酔というものを使用すると聞いたので、恐怖心は払拭されました。
手術後は3週間程度は、性行為が出来ないので、じっと我慢の毎日を過ごしました。
いよいよ当日無事に彼女と結ばれ、現在は私の妻として暮らしています。